--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年02月08日 (火) | 編集 |
平成16年の携帯電話の年間契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数シェア(市場占有率)で、KDDIのauが52.2%でトップとなった。累計契約数ではドコモがauの2.5倍と圧倒しているが、年間の純増数シェアではauがNTTドコモをはじめて抑えた。
 業界最大手のドコモの純増数二百十七万九千三百台に対し、auは約六十万台多い二百七十八万台を獲得。一方、ボーダフォンは第三世代携帯の投入で出遅れ、四十三万七千台とライバル二社に引き離されて明暗が分かれた。
 ボーダフォンは昨年12月にNTTドコモの副社長であった津田志郎氏が社長に就任したが、わずか2ヶ月で社長交代を余儀なくされている。後任に四月一日付で日本テレコムホールディングスの社長を務めたことのあるウィリアム・モロー社長(45)が就任する。津田氏は就任時に「打倒ドコモ」を誓っていたがどうなるか。また新規参入をヤフーやイーアクセスが希望している。また来年には事業者を変えても携帯番号が変わらなくなる。そうなると携帯電話業界はますます熾烈な戦いになる。高機能、低価格へと進んでいくだろう。消費者にとっては嬉しいことであるが…
【人気blogランキング】クリックよろしく!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ボーダフォンの社長がわずか二ヶ月で交代になりました 社長の津田氏はNTTドコモの前社長から転じた人物です 技術もわかる経営者として期待されていたのですが、契約者数を純減させて自ら社長交代をボーダフォングループのCEOのアルン・サリーン氏にお願いしたそうです
2005/02/15(火) 00:44:06 | pluswellの自己啓発成功日記
イーアクセスが、携帯電話業界に参入するそうだ。 ソフトバンクの固定電話参入と言い...
2005/02/11(金) 09:51:34 | 死ぬまでにしたい100の事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。