--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月19日 (月) | 編集 |

 女子プロゴルフツアーの大王製紙エリエール・レディース最終日は18日、香川県三豊市のエリエールゴルフクラブで行われ、プロ3年目で今季の賞金ランキング首位の上田桃子(21)が通算7アンダーの209で優勝し、最終戦を残して史上最年少の賞金女王を決めた。

 これまでの賞金女王の最年少記録は、1968年の樋口久子の23歳60日で、88年のツアー制度施行後では96年の福嶋晃子の23歳148日。上田は21歳156日での達成だった。

 今季5勝目で賞金1620万円を手にした上田の今季獲得賞金は約1億5961万円となり、ツアー最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップで、大山志保が昨年記録した史上最多額の約1億6629万円の更新に期待がかかる。〔共同〕

一日一回有効


人気blogランキングへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。