--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月20日 (月) | 編集 |

野球 外は春嵐のように風が強く、せっかく咲いた桜が地理はしないかと心配しながら、WBC日本対韓国戦、準決勝をテレビ観戦。桜の花びらのように散ってほしくないと願う。わしの予想は5-2で日本の勝ち。じゃが、6回までおもぐるしい試合展開、上原の好投だけが光る。わしの脳裏にいやな予感がしてきた。だが7回表、そのいやな予感を吹き飛ばしてくれたのが、代打の福留、振った瞬間ホームランとわかる2ラン、あの広い球場でよくぞ、打ってくれた。さあ、ここから流れが日本に、この回一挙に5点、わしの予想の5点じゃ。そこでわしは思った。あと韓国が2点とって、日本の勝ち。わしの予想は的中。ところがそうは問屋が卸さん、8回にもソロホームランが出て、結局6-0で嬉しい日本決勝進出。野球は筋書きのないドラマじゃ。  まあ、韓国の選手は準決勝進出で兵役が免除になっちゅうき、ええとしいや。  (龍馬じゃき)


まさかが起こった。WBCで日本の準決勝が絶望のところ、アメリカがメキシコに負け、得失点差で日本に1%の光が輝いた。


そして準決勝で2連敗の韓国に6-0で零勝。世の中捨てたもんではない。この喜びに滑車をかけている要因がもう一つある。それはアメリカのボブ・デビッドソン審判員の誤審でアメリカに後味の悪い負け方をしたこと。

 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
幸せと思ったら3カ所、まあまあは2カ所、少し幸せは1カ所、クリックお願いします。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。