--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月08日 (水) | 編集 |
saineria1 出荷を控えたサイネリアを手入れする生徒(三好高で)

生徒ら栽培30校から注文

 卒業シーズンを迎え、三好市池田町の県立三好高では卒業式の会場を鮮やかに彩る花「サイネリア」の出荷がピークを迎えている。同高では20年以上前から生徒たちの手で栽培、出荷に取り組んでおり、県西部を中心とした小中学校から注文が相次いでいる。

 サイネリアはアフリカ・カナリア諸島原産のキク科の草花で、生物生産コース草花専攻の2、3年生11人が8月半ばに種をまき、温室で水や肥料を与えながら半年かけて栽培。ピンクや紫、白、赤など6種類の花を咲かせた。市価のほぼ半額の1鉢350円で、三好市や鳴門市など約30校から700鉢近い注文があるという。

 2年嵯峨原栄二さん(17)は「人生の門出を祝うのにふさわしいほど立派で華やか。一生懸命育てた苦労が報われました」と笑顔。

 担当した川人誠治教諭(42)も「今年は例年以上に大きく、きれいに育ってよかった」と目を細めていた。

saineria2 出荷の最盛期を迎えたサイネリア(島根県斐川町の森脇農園で)

清らかに旅立ち彩って

こちら島根県斐川町の農家でも、ピンクや紫などの花が愛らしいサイネリアの出荷がピークを迎えている。

 キク科の一年草で、20センチ弱の背丈に直径5、6センチの花をつける。花の少ない早春に咲き、華やかさと清らかなイメージを併せ持つことから、卒業式の装飾用に重宝されている。

 1万2000鉢を栽培する同町三分市の森脇農園(森脇明さん経営)では、女性たちがつぼみをつけた鉢植えに次々と透明なカバーをつけて準備、関西方面へ出荷している。花は4月半ばまで楽しめるという。

(読売新聞)

にほんブログ村 ニュースブログへ
クリックお願いします。ご無理を云います。



コメント
この記事へのコメント
いそがしい
シーズンを迎え忙しいですね
応援していきます×3
2006/03/11(土) 10:42:08 | URL | あすとろ #-[ 編集]
シーズンですね
カナリア諸島原産ですか。
それにしても、日本的な花ですよね。
卒業式の式場の白布の上によく似合います。
(・・||||rパンパンッ×3
2006/03/10(金) 06:08:46 | URL | あすとろ #-[ 編集]
nomuさんへ
nomuさん、昨日はどうもでした♪

サイネリアきれいですね。

ほんと春らんらんだわ♪

応援ぽちっと三つです♪
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。