--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月05日 (日) | 編集 |
 携帯電話世界最大手の英ボーダフォンがソフトバンクとの間で進めている日本法人の売却交渉は、月内にも最終合意に達する見通しとなった。ソフトバンクが固定通信事業に続いて移動体通信も傘下に収め、総合通信事業者としてNTT、KDDIに次ぐ三強の一角に食い込む可能性は濃厚だ。しかも、ソフトバンクはハード面では追撃する側だが、提供コンテンツなどソフト面ではむしろ先輩格。迎え撃つライバル二社は従来とは異なる総合力の競争に引きずり込まれることになる。

 交渉の最大の焦点は価格だ。英ボーダフォンは、日本での携帯事業参入のために、旧J-フォンを傘下に持っていた日本テレコムを買収したが、その際に一兆数千億円を費やしており、売却金額は一兆五千億-二兆円を要求しているとみられる。しかし、すでに携帯事業参入を認められているソフトバンクは、単独でも事業開始は可能。このため、買収価格の大幅な値引きを求めており、双方が納得できる金額を探っている。


 ソフトバンクが手持ち資産の大半をつぎ込む、社運を懸けた動きに出た背景には、通信事業者が、固定と携帯、さらには提供コンテンツをも加えた総合力で勝負する時代に入りつつあるという状況がある。


 ソフトバンクは他社に先駆けて、ADSL(非対称デジタル加入者線)方式のブロードバンド(高速大容量)サービス提供を始め、日本が世界屈指のブロードバンド大国となるきっかけを作った。その後、日本テレコムを傘下に収め、固定ブロードバンド通信ではNTTに次ぐ業界二位の地位を得たが、ADSLはすでに頭打ち。さらなる成長のために携帯事業参入が悲願となっていた。 (産経新聞)

NTT、KDDIそしてソフトバンクの3強で競い合ってもらうとユーザーにとっては嬉しい限り。

にほんブログ村 ニュースブログへ
クリックお願いします。ご無理を云います。

コメント
この記事へのコメント
nomuさんへ
年度末でお忙しいかしら。

応援ぽちって帰ります♪
nomuさんへ
感謝と応援のぽちっと3回♪

ニュースの更新楽しみにしています♪

のむさん
いつもありがとうございます♪
おはよう
朝の内に
応援×3していきます。

今日は滅多にないお仕事です。
2006/03/06(月) 05:14:03 | URL | あすとろ #-[ 編集]
nomuさんへ
ほんとほんと

ヤフー参入の話を聞いて
vodafoneに機種変更しようかと思っている私です。
価格破壊へ
価格が安くなれば
我々にはうれしいんですけどね。
ポチ×3

これからもよろしくです。
2006/03/05(日) 09:03:37 | URL | あすとろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。