--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月01日 (水) | 編集 |
昨日の永田議員の謝罪会見についての各社の社説をひろってみる。

あまりにもお粗末な永田議員と民主党(日本経済新聞)

 民主党の永田寿康衆院議員が「送金メール問題」で記者会見し、「情報の信ぴょう性を立証できない」と認めて謝罪した。議員としての進退は「鳩山幹事長に一任する」と述べるにとどまった。根拠のない情報を国会質問で取り上げ、武部自民党幹事長らを「カネで魂を売った」とまで中傷し、国会を大混乱に陥れた責任は重大であり、単なる謝罪で済むような話ではない。

 永田議員の記者会見は極めて歯切れの悪い内容であった。「送金メール」を真正と判断した理由について(1)仲介者はフリーの元記者で全幅の信頼を置いていた(2)仲介者によれば情報提供者は送金にもかかわっていた(3)銀行口座の情報も提供された――などと述べた。

 この程度の理由で「メールが真正」と判断したとしたら、永田議員の情報分析能力や調査能力は極めてお粗末と言うほかない。永田議員は情報提供者とは直接会っていないことを認めた。仲介者に送金メールの電磁記録の提示を求めたが、提示はなかったという。あいまいな情報と不十分な調査で断定的な国会質問をした永田氏は国会議員としての資質や適格性が厳しく問われている。

民主党 けじめにはほど遠い会見(産経新聞)

 焦点のメールの真偽について永田氏は「情報提供者と面談できず、最終的に立証できなかった」と述べるにとどまった。これで事実関係が明らかにされたとはとてもいえない。謝罪会見で新たな不明点も生じている。民主党は一件落着にするのではなく、このメール問題を国民の信頼を取り戻す契機にするよう、徹底して解明すべきだ。
 事実関係がはっきりしないのは、永田氏が、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者から武部勤自民党幹事長の二男へ送金を指示したとするメールに関し、「事実無根なのか、一定程度事実なのか、さまざまな調べが残っている。説明は控えたい」と思わせぶりな発言に終始したためだ。
 永田氏は情報提供者を守るためとしているが、そもそも情報提供者は存在するのかどうかが疑われていることを認識すべきだ。

[永田議員謝罪]「説明責任は尽くされていない」(読売新聞)
国会の場で、どんな根拠があって、民間人の個人名まで挙げて糾弾したのか。
 陳謝したとはいえ、説明責任が果たされたとは言えまい。 民主党の永田寿康議員が記者会見し、先の衆院予算委員会で質問の根拠とした疑惑メール問題について謝罪した。国民や関係者に迷惑をかけ、国会を混乱させたからだという。 疑問なのは、前原代表や党声明が「本物ではない」としているのに、永田議員の説明は、メールの真偽という、問題の核心があいまいなことだ。
 永田議員は予算委で、武部自民党幹事長の二男の実名を挙げ、ライブドア前社長の堀江貴文被告から3000万円の金銭提供があったと追及した。「カネで魂を売った」とまで指弾した。
 メールを真正と判断したのは、「文章が自然に書かれている」「悪意がまったく感じられなかった」などの理由からだという。極めて根拠が薄弱だ。

民主党 この執行部でもつのか (朝日新聞)

政治家にとって、言葉は命だ。ひと言で国民の心をつかむこともあれば、一気に信頼を失うこともある。メール疑惑でつまずいた民主党は、そのことが骨身にしみたに違いない。
 それにしても、何という言葉の軽さだろう。
 永田氏は謝罪の記者会見でもなお、メールの内容が事実である可能性はあると譲らなかった。ならばなぜ、何をわびているのかと疑問に思えてくる。一度も情報源と接触せず、メールの信憑性(しんぴょうせい)を確認しないまま「お金で魂を売った」などと自民党の武部勤幹事長を非難した無謀さには、改めて驚かされる。
 永田氏ばかりではない。メールがあやしくなりだしてからも、前原代表は「ライブドアの成長には闇の部分がある。その中核が武部氏との関係だ」「資金提供が武部氏の次男を通じてなされたのではないかという確証を得ている」と断定口調で発言してきた。  民主党が決着をずるずると引き延ばしているうちに、政府予算案はあすにも衆院を通過する見通しだ。一方、山積する課題の追及はどれも中途半端だ。
 いまの民主党に国民が抱いている感情は、不手際や責任回避への怒りはもちろんだが、何よりもふがいなさだろう。総選挙の惨敗は小泉旋風があってのことだったが、今度はまったくの自滅である

民主党 この程度の説明では(毎日新聞)

問題のメールは、自民党の武部勤幹事長の二男に関するものである。ライブドアの堀江貴文前社長が昨年8月、3000万円を振り込むように、社内の担当者に指示したという内容だった。
 本当だとすれば、小泉政権の命取りになる重大な疑惑である。半面、小泉首相の言うように「ガセネタ」だとすれば、個人名まであげて国会で取り上げた永田議員の責任問題になるのは避けられない。
 前原代表も党首討論で「確証を得ている」とまで言い切った。民主党執行部のチェック態勢に加え、政党の信頼性までが問われる事態となった。執行部がどう説明するか、国民は注目していた。
 十分な裏付けを取らないまま、国会で取り上げたのは、わきが甘すぎると言われても仕方ない。謝罪は当然といえる。党をあげ、基本的な詰めをなぜできなかったのか、執行部の対応にも厳しさが欠けていたことは明らかだ。
 気になるのは、永田議員が「内容が全くの事実無根であるのか、一定程度の事実を含んでいるのか、さまざまな調べが残っている」と述べたことだ。謝罪しておきながら、偽物と明言しない対応は、いっそうの分かりにくさを残した。


一日一回有効


PC・ネットニュースランキング


コメント
この記事へのコメント
突然で恐縮ですがご招待です
 「永田議員と民主党の罪と罰」に関するクイズを作りました。
「この空騒ぎで国民がこうむった損失はいくら?」というタイトルの記事です。
解答の選択肢は □約3000万円 □約3億円 □約30億円 の3つ
正解は→ http://q-q.at.webry.info/200603/article_2.html
 他にも「雑学クイズ」が450問ほどあります。
 お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)
2006/03/01(水) 11:53:03 | URL | 素町人@思案橋 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。