--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年09月29日 (木) | 編集 |
miss.jpg
プレシャス・ララ・キガマンさん
20050929124205.jpg
ジャディーラ・ゲアラさん
20050929124214.jpg
サンナ・ライネさん
2005年度のミス・インターナショナル世界大会がこのほど、東京都内のホールで開かれ、52人の各国代表の中からフィリピン代表のプレシャス・ララ・キガマンさん(22)が栄冠に輝いた。

 キガマンさんはロングの黒髪が魅力のアジア美女。本国ではモデルとして活躍するかたわらウェブライターやデザイナーという肩書きも持つ。趣味は読書、スポーツは卓球やテニス、バドミントンなどをプレーするという。

 この日、最終審査のスピーチでキガマンさんは「世界中の恵まれない子供たちのために自由に教育を受ける権利や生活向上のための寄付金を集めたい。そのためさまざまな国との連帯を強めたい」と語った。

【人気ランキング】

にほんブログ村 ブログブログへにほんブログ村



 キガマンさんは名前が呼ばれた瞬間、「信じられない」という様子で驚いていたが、コメントを求められると涙声で「皆さんに感謝します」と話した。3カ月前に父親が亡くなったことが司会者から会場に告げられると「父は『お前が選ばれるよ』と言ってくれました。お父さん、ありがとう」と感涙にむせんだ。

 2位はドミニカ共和国代表のジャディーラ・ゲアラさん(19)、3位はフィンランド代表のスサンナ・ライネさん(23)が選ばれた。優れた民族衣装を着た代表に贈られる「ナショナルコスチューム」賞にはタンザニア代表のマグレット・チャチャさん(23)、各国代表をまとめ国際親善などに尽力した人に贈られる「ミス・フレンドシップ」賞には香港代表のクィニー・チュウさん(24)が受賞した。

 日本代表の石坂直美さん(19)は最終審査を受けられる12人には選ばれたが、入賞は逃した。

 なお、世界大会の前に同ホールで日本大会が開かれ、来年の大会に出場する日本代表に東京都出身の美大生、櫻井麻美さん(22)が選ばれた。

 来年は中国雲南省において日中共催で世界大会が開かれる予定。今回の世界大会の模様は10月23日(日)午後4時からテレビ東京系で放映される。【細田尚子】
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。