--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年09月22日 (木) | 編集 |
ウイー

米ゴルフ専門サイトの「ゴルフワールド」は20日、今季米女子ゴルフで3回も2位に入っているハワイの天才少女ミシェル・ウィー(15)が、「総額1000万ドル(約11億円)の契約で来週にもプロ転向をする可能性がある」と報じた。

 同サイトが報じたところによると、「プロデビュー戦は、ウィーの16歳の誕生日(10月11日)の2日後に開幕する『サムスン世界選手権』。ウィーは周囲の過熱する騒音を嫌って同大会前にプロ転向したがっており、早ければ今月末にもそれは起こりうると、関係者が明かした」。また、スポーツメーカーのナイキとアディダスが繰り広げていた争奪戦については、「プロ転向時にナイキを含む3社と800万ドル(約9億円)の契約を結ぶ」と勝者の名を明かしている。

 この電撃報道について、父親のBJ・ウィー氏は、「何の決断も下していない」と否定する一方で、「まだいろいろな懸案を一つずつ検討しているところ」と、さまざまな交渉が水面下で行われていることは認めている。

 ウィーのプロ転向は、史上最年少だけでなく、金額的にも5年100億円でナイキと契約したタイガー・ウッズの半額に上り、女子としては史上最高額になりそう。

 同サイトの報道は詳細で、ウィーは企業などとの窓口として、「プロゴルファーとしては初めてビバリーヒルズに本拠を構えるマネジメント会社と契約している」と、前例のない電撃契約の舞台裏にも言及している。(夕刊フジ特電)
【人気ランキング】


米ツアー予選会、宮里4オーバーで出遅れ、諸見里は4アンダーで2位タイ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。