--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年09月01日 (木) | 編集 |
民主党の岡田克也代表は三十一日夜、TBSの報道番組収録で「社会保障費が増えるのにリンクする形での消費税増を考えなければいけない」と述べ、同党がマニフェスト(政権公約)に盛り込んでいる年金目的消費税導入に加え、将来的には消費税率引き上げを検討する必要があるとの考えを示した。

 これまで岡田氏は、年金一元化を柱とする年金制度改革のための財源として3%の年金目的消費税を導入するとしていたが、高齢化の進展に伴う医療、介護などの社会保障費増加分を賄うための消費税率引き上げに言及したのは初めて。


 岡田氏は、消費税率引き上げについて「二段階に分けている。(第一段階として)年金保険料をなくし、消費税を3%上げ最低保障年金をつくる」と年金目的消費税を導入した上で、消費税率をさらに引き上げる必要性を指摘した。


 また、「(政権獲得後の)最初の三年間で徹底的に歳出削減をする。国家公務員(改革)こそが改革の本丸だ。そこに切り込まなければいけない」と強調した。
<産経新聞>


【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
価格比較サイト、価格.comがこんなことまで始めました。衆院選における各党のマニフェスト比較です。ここまでくると、価格.comじゃなくて、比較.comじゃん!!しかし、非常に良くできた比較記事で、世間ではけっきょくのところ、郵政解散ということで、郵政の話
2005/09/04(日) 23:35:38 | サイケデリック レボリューション
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。