--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月23日 (火) | 編集 |
衆院解散のきっかけになった郵政事業改革について自民党、民主党などの公約が出そろい、それぞれの違いが一層、鮮明になった。資金の流れを官から民へ変えるという改革の主な狙いは同じだが、自民党は廃案になった民営化法案を再提出し、民主党は貯金預け入れ限度を引き下げるという。どちらの考え方にも一理あるものの、実効性や持続可能性には疑問符がつく。民営化の効果をどう評価するかがポイントだろう。

民主は人員削減数示せ

 民主党案は日本郵政公社を当面残し、いま1000万円の貯金預け入れ限度を来年度に700万円に下げ、その後、数年で500万円まで下げて、約220兆円の郵貯残高を8年以内に半減させる。簡易保険も何らかの方法で新規契約を減らす。郵便局から民間の銀行や保険会社などに資金が移り「官から民へ資金の流れの変換」が自民党の案より確実に実現するという主張である。

 ひとつの考え方だが、いくつか疑問も残る。資金量が大幅に減れば常勤職員は26万人も要らなくなるが、人員削減については明確に示していない。民主党本部は「定年退職に伴う減員を含め人員は当然、調整する」というが、人員削減を嫌う郵政公社の労働組合や連合が同党の支持層であるだけに、人員計画を具体的に示さないと説得力を欠く。

 経営形態は当面、公社とするが、今後、政府系金融機関との統合を含めあらゆる選択肢を検討する。選択肢には民営化も含むという。しかし仮に民営化を選ばず公社のまま残す場合には、電子メールの普及などで郵便事業が再び赤字に転落したときに郵貯・簡保の黒字で補うしかない。はなはだしい場合には税金で助ける事態にもなろう。

 また、国家公務員の身分を変えない限り、給与は地方では民間より高いなど賃金の硬直性が残り、人件費が経営を圧迫する可能性も大きい。さらに、郵政公社のままなら法人税の支払い義務がないなど、年間数千億円の「見えざる国民負担」が残る。経営形態や人員計画などの方針が明確でないため、中長期的にみたときの妥当性を判断しにくいのが民主党案の難点といえる。

 一方、自民党が再提出する民営化法案は郵便、貯金、保険の三事業を分割し、郵便局と職員の大半を抱える窓口会社と合わせ4社を設立。持ち株会社の傘下に入れる。郵貯、簡保への政府保証は廃止する。

 形の上では民営化だが、守旧派と妥協した結果、実質的には現在通り三事業一体の色彩が濃く、しかも政府の関与が強く残る案となった。

 例えば持ち株会社は政府が3分の一超を出資する公的な機関であり、しかも民営化移行完了の2017年3月末を過ぎても持ち株会社は金融2社の株式を持ち続けられる。これでは、資金運用先を含め金融事業に対する政府の関与がずっと残り、官から民へ資金の流れを変えるという趣旨が生かされない心配もある。

 郵便事業の収支が悪化して金融事業の利益で補てんする状態が続くようだと、金融2社も郵便会社も政府の関与がもたらす「暗黙の政府保証」を背景に様々な新事業に進出し、ほかの民間企業の経営を圧迫しかねないという問題もある。

 自民党案は基本に「雇用への配慮」がある。そして政府が経営に強く関与するので、収支を度外視しても雇用を維持するため新規事業に打って出る、となりがちだ。人員減の姿が見えない点は民主党案と同じともいえる。貯金・保険への政府保証の廃止や国家公務員の民間社員への身分の変更などは前進としても、民営化の理想の姿からはほど遠い。

公社のままのコスト大

 小泉政権は法案の否決を受けて衆院を解散した以上、本来なら白紙に戻してまともな案に作り替えるという考え方もありえたが、議員の反発がより大きいような案を提出するのは非現実的という判断だろう。この案で改革の実をあげるには、有識者による民営化委員会で3年ごとに民営化を見直し、大幅な再改革を進めていくことが欠かせない。

 このようにみれば両党案の実効性に極めて大きな差はないようにも思える。焦点はやはり民営にするかどうかだろう。上場を狙う民間会社となれば経営の規律と職員の緊張感が強まる。その結果、安易に国債を買わなくなるし、経営効率も高まる。だからこそ岡田克也民主党代表も貯金と保険の事業について、いずれ民営化を検討すると何度か述べている。郵政公社のままでいるコストは非常に大きい。

 現時点で曲がりなりにも民営化を打ち出しているのは自民党案である。郵政改革の緊急性を考えれば、この違いを重視せざるを得ない。
<日本経済新聞 8/21社説>

【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「2ちゃんねるってすごいな」「すごいですね」「このblogもけっこう2ちゃんねるからネタを拾ってるんだけどな」「これだけはっきり書いちゃうと、どこからかクレームが来そうですね」「まあ、いいんじゃないの」「ところで公明党員の投票率って知ってる」「1
2005/08/28(日) 10:21:58 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
「シャレにならん映像だな」「でも冗談のような気がしませんね」「岡田の一連の発言内容からしたら、これが冗談とは、いちがいにはいいにくいよな」「最近はこのての画像がネット上にあふれてるんですよ」「bloggerにとってはいい環境だな、ネタが多いんだか
2005/08/28(日) 10:21:35 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
「♪ 衆院選挙、新しいニッポンが生まれるか、って......言うじゃな~い。 ♪でも結局、生んでいるのはLIVEDOORの宣伝だけですから、解散っ!  LIVEDOORが儲かるのは想定内...斬りっ!」◎このblogに一票入れる  ↑ 
2005/08/28(日) 10:21:21 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
(画像クリックにて拡大表示)「うちのすぐ近くにあるんだよ、Maxvalue」「イオングループのスーパーマーケットでしょう、いいなあ便利で、24時間営業していて、しかも安い」「オレのトモダチがイズミヤに勤めてるんだけどな、言ってたよ、Maxvalueは安いって」
2005/08/28(日) 10:21:00 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
?(画像クリックにて拡大表示)今回の戦争は、小泉がしかけた。群雄割拠の仁義無き戦いこの中で死ぬ(落ちる)のは...誰だ?◎このblogに一票入れる  ↑ ブログランキングに参加しました    気に入ったらクリックしてくださいね
2005/08/28(日) 10:17:20 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
(画像をクリックしてしばらくお待ちください)児玉 「今日は今度の衆院選挙に出馬する、    ある候補者の名前を当てていただきます。アターック」沢木 「最後にいちばん下に名前が出ます」 ◎このblogに一票入れる  ↑ ブログランキ
2005/08/28(日) 10:17:07 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
? (画像クリックにて拡大表示)「綿貫って人を騙しそうな名前だな」「わタヌキですか、またダジャレですね」「綿貫がなぜ郵政民営化反対か知ってるか」「自分の長男、綿貫勝介がトナミ運輸の社長で、トナミ運輸はゆうパックを扱っている、つまり郵便局の下
2005/08/28(日) 10:16:58 | 陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker
小泉首相は「郵政民営化の是非を問う選挙だ」と叫ぶ。しかし、僕は郵政民営化が現在の日本の最優先課題だ、とは思えない。もちろん、重要課題のひとつであろうが、年金問題、少子・高齢化問題、これらの問題を解決するための財源、イラク派遣、中韓を含む外交問題の方が待っ
2005/08/23(火) 19:50:30 | ◆木偶の妄言◆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。