--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月22日 (月) | 編集 |
 郵政民営化法案に反対した小林興起前衆院議員らが二十一日、田中康夫長野県知事を代表にすえて新党「日本」を結成したのは、自民党公認を得られないうえ対抗馬を擁立され、苦しい戦いを強いられている現状を打開しようとの狙いがある。しかし、小泉純一郎首相の人気が先行する中、田中氏の知名度でどれほど浮動票を獲得できるかは不透明。新党が国民新党との連携を重視するのかもはっきりせず、田中氏と民主党の小沢一郎副代表との親密な関係から「結果的に小沢氏の別動隊になるのでは」との見方すら出ている。

 新党に参加する小林、青山丘、滝実の三氏はともに、前回選挙で接戦を強いられ、青山、滝両氏は比例代表で「救済」されただけに、無所属での戦いは避けたかった。しかし、綿貫民輔元衆院議長らが結成した国民新党には「農村政党」の色彩や亀井静香氏のイメージが強く、参加を見送り、「サプライズ効果」のある「都市型新党」結成を模索。この動きに田中氏が賛同し、代表を買って出た形だ。国民新党の綿貫代表は、「いずれ連合体になる」とエールを送ったが、「反小泉」陣営の結束に疑問符がつく。

 田中氏は小沢氏と頻繁に連絡をとっており、二十一日の会見でも「小沢氏は私が大変尊敬する政治家だ。その思いは変わらない」と明言した。衆院選で与党が過半数割れした場合、新党が民主党との連携も視野に置いているとも受け取れる。他のメンバーの多くが自民党復帰に力点を置いているだけに「同床異夢」ともいえる。

 各党の反応も冷ややかだ。公明党の神崎武法代表は二十一日、記者団に「顔ぶれを眺めると共通の政策、理念が感じられずばらばらだ。選挙互助会にもならないのではないか」と批判。民主党の岡田克也代表も「国民新党と同じ。自民党の中での権力争いだ」と語った。<産経新聞>


【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新党ブームですね。また新党です。田中康夫長野県知事が代表を務める新党「日本」。何と康夫自身の出馬はないそうです。単なるみこしです。こんな政党誰が認めるのか。国民新党以下ですね。現職の長野県知事が「なんとなく」新党など作って、我々はどう評価すればよいのでし
2005/08/22(月) 14:35:14 | PARDES
新聞で見ると、田中康夫氏ら新党ニッポンは、霞ヶ関周辺でニッポンチャチャチャのパフォーマンスまでやったそうです。わかっていてバカをやっているんだからよいでしょう。ライブドアのホリエモンは今朝のTVで「権力闘争を批判していたのに、選挙という権力争奪戦に入って
2005/08/22(月) 11:50:07 | ぐうたら日記
 「郵政民営化は、おれの信念だ。殺されてもいい」「民営化に反対することは、手足を縛って泳げというようなものだ」。今回の衆院解散劇で、小泉首相の言葉は、たんかを切るようだ。 それが人の心を高ぶらせるのか、世論の支持率が上がっている。「生死を問わずつかまえろ
2005/08/22(月) 11:39:22 | 知って得する!トリビアの泉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。