--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年06月18日 (土) | 編集 |
 貴乃花親方は連日のテレビ出演でかえって株をさげてしまった。
親方は兄花田勝氏は財産目当て、自分からは財産のことは言ったことはないといっているが、親方こそが一番財産を欲しがっている。
 貴乃花親方は自分が部屋を継承したから、相撲界を離れた者が相撲に関することに手を出してこないで欲しいと再三云っているが、部屋を継承することと父花田満氏の遺産の相続分与とは別の話。
 このことに関しては貴乃花親方も重々分かっているから、テレビに出演し、世間を見方につけようという魂胆だろうが、親方がテレビで発言すればするほど裏目に出ている。親方の顔は焦燥感に漂っている。
 テレビでの発言を聞いていると貴乃花親方は自分を正当化することばかりで、他人の意見に耳を傾ける姿勢が全然見えない。
 一番心配なのは今後の貴乃花部屋。現在弟子は13人、関取(十両以上の力士)は一人もいない。
今後弟子を募るにしても親御さんが息子を貴乃花部屋に預けるか、非常に疑問である。私なら貴乃花親方に息子を預ける気にはなれない。
【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/07/10(日) 11:10:26 | | #[ 編集]
奥さんがフォローしてるんじゃなくて後ろで炊きつけてるんじゃないか?そう思う。

貴乃花の人相がすこぶる悪くなってきたのは私の気のせいかな?
やっぱり中学卒業でいきなり大相撲の世界に入り、一気に駆け上がった貴乃花は社会勉強が足りないんだろうね。この騒動でもう相撲協会の要職に就くことは難しいかもしれませんねぇ イメージがすこぶる悪い。
2005/07/08(金) 10:31:19 | URL | りあ #mQop/nM.[ 編集]
若貴問題
テレビが貴乃花びいきなのは、もっと出演して暴露話してほしいからでしょう。もし、若がでてもっと視聴率取れるなら、打って変わって貴たたきが始まると思います。いいように使われてる貴乃花が少し哀れ・・・。奥さんなにか言ってあげないのだろうか・・。

テレビでいろいろいうけど、どう見ても若当たり前のことしかしていないと思うんだけど・・・。(若の女性問題など個人的な問題は除いて)

なんで今の時期に財産放棄を発表なの?っていうけど普通、財産の話をするのは49日法要後。放棄の申請は3ヵ月以内と決められている以上、100ヶ日法要まで待っていられないし、あと会う機会もないだろうし、揚げ足取られてマスコミに悪く発表されるリスク犯してまで弟と話したくないだろうし。
35日法要の精進落としを区切りに財産の話を始め貴乃花も含めた親族全員に相続放棄を発表して、ちゃんちゃん。という話は当たり前だよね。
生前に遺産の話するなと貴乃花主張してたけど、49日前に人前で財産やら悪口やらワーワー言っている貴乃花のほうが普通じゃないような・・。

貴乃花は矛盾がいっぱい。せっかく
奥さん頭がいいんだから、裏でフォローしてあげればいいのに。

2005/07/06(水) 09:39:48 | URL | たま #GKosEEL2[ 編集]
本当にそうですよね。私も財産分与と部屋は別物だと思っていました。相撲関係を貴乃花が相続し、他の部分をお兄さんが相続すればいいだけのこと。貴乃花はいい兄に恵まれましたよね。親方は弟子の顔を竹刀でぶっていいのでしょうか。もっとたたく場所は考えるべき。なのにテレビは貴乃花びいきなのには驚きました。
2005/07/04(月) 17:27:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
若貴兄弟の確執。やっぱり触れますかね、この話題に。 ちなみにぼくは相撲ファンなんです(笑)もう幼稚園の頃からのファンで、かの有名な高見山関の大ファンになって以来、かなり愛好しております。まあ最近は、これと言ってひいきにする力士はいないものの、中継は欠かさ
2005/06/19(日) 13:05:20 | + katariya blog +
貴乃花親方のテレビでの激白について抗議が殺到している。 (以下引用) 前日までの3日間は民放4局5つのテレビ番組に生出演し、兄の花田勝氏の批判を展開したが、この日は公の場に現れなかった。
2005/06/19(日) 09:48:09 | Stevie の注目!ニュース芸能 Factory
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。