--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年06月01日 (水) | 編集 |
 政府が地球温暖化防止、省エネ対策として提唱している「夏のビジネス軽装(クール・ビズ)」が1日から始まった。小泉純一郎首相や閣僚は率先して上着なしのノーネクタイ姿で執務。中央省庁や国会だけでなく、消費効果も狙って全国的な普及を目指す。

首相はクール・ビズ導入前日の5月31日夜、「堅苦しく考えないで気楽に仕事ができるようノーネクタイにしよう」と記者団に語り、軽装を呼び掛けた。

軽装は4月の閣僚懇談会で6月1日から9月末まで、外国からの賓客を招く公式行事などを除き、徹底を図ることを申し合わせた。各省庁などで冷房温度を28度に設定、温室効果ガスの排出抑制にも役立てる。これを受け国会も5月31日、本会議以外は軽装を認めることを決めた。
<共同通信>
にほんブログ村 ブログブログへ


「常識とセンスで」、夏の軽装で戸惑う閣僚に首相

「軽装は義務か?」

 6月1日から中央省庁で始まる「ノーネクタイ」などの夏の軽装化(愛称・クールビズ)を目前にして、31日の閣僚懇談会では閣僚から戸惑う質問が飛び出した。

 出席者によれば、小泉首相の「裁定」は「義務ではない」。そのうえで首相は「だが、大臣が(ネクタイを)締めていると、部下が外せない。よく理解してほしい」と語り、「常識とセンスに任せる」と訴えた。

 ただ、その後の記者会見で閣僚の足並みはそろわず。「そのときの天気、気分による」(中川経産相)、「早くネクタイをとりたい」(中山文科相)、「仕事中はノーネクタイで半袖。国会は普通の格好で」(村上行革相)とバラバラ。

 首相は31日、記者団に「本人の自由ですから。強制じゃないですよ」と強調。自らの服装については「まだ決まっていない。帰ってから考える」
<朝日新聞>
【人気blogランキング】クリックよろしく!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近、「COOL BIZ(クール・ビズ)」という言葉をよく聞く。地球温暖化防止国...
2005/06/13(月) 20:04:16 | ネコの散歩道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。