--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年03月29日 (火) | 編集 |
スマトラ島付近でM8.5の地震があったようです。ニアス島では約500戸の民家が倒壊し、死者は1000人から2000人とみられるそうです。

29日午前1時10分(日本時間)ごろ、インドネシア・スマトラ島付近のインド洋で大きな地震があった。気象庁によると、震源の深さは約30キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は8.5と推定される。インド洋の広域に津波発生の恐れがある。日本への津波の影響はないという。
 スマトラ島北部のアチェ州などで大きな揺れを感じた。バンダアチェ市内は停電している。シンガポールやマレーシアなどでも強い揺れを感じたとの情報がある。インド洋周辺諸国で津波が発生する可能性もあるとみられるが、29日未明現在、被害の状況は不明。
 太平洋津波警報センターによると、震源は北緯2.3度、東経97.1度で、スマトラ島の北西部沖合。
 スマトラ沖では昨年12月26日、今回の地震の震源に近い場所でM9.0の巨大地震が発生し、インド洋沿岸に大津波が押し寄せ、約30万人の死者・不明者が出ている。地震のエネルギーを比べると、今回の地震は12月の地震の約6分の1。
 ■インド洋周辺諸国に津波警告
 【ジャカルタ岩崎日出雄】ハワイにある太平洋津波警報センター(PTWC)は29日未明、インドネシア・スマトラ島付近で発生した大規模地震により、インド洋周辺諸国で津波が発生する可能性があるとの警告を出した。
 スマトラ島沖では昨年12月26日、大津波を伴う大地震が発生、インドネシア、スリランカ、タイ、インドなどインド洋沿岸各国で死者・不明30万人の被害が出ている。
(毎日新聞) - 3月29日2時15分更新






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。