--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年03月01日 (火) | 編集 |

高知工科大学長選任 知事岡村氏の再任拒否

 高知工科大理事会は28日、任期満了に伴う次期学長選考で、理事による郵便投票の結果に基づき岡村甫学長(66)を選出したが、理事長の橋本大二郎知事が同学長の任命を拒否。次期学長の人選が宙に浮く異例の事態となった。今回の学長選考では、現職続投を支持する主流派の理事らと、慶応大の米沢富美子名誉教授(66)を推す橋本知事らが対立しており、知事は任命しない理由について「このままでは大学がいい方向に進むとは思わない」などと説明。3月末の任期満了が迫る中、混乱は必至の情勢だ。
 開票は28日夕、高知市内で実施。同大によると、岡村学長を除く11人(橋本知事を含む)の理事全員が投票、岡村学長は米沢名誉教授の2倍以上の票を獲得した。<高知新聞>



工科大学長再任拒否 学内に怒りと混乱

 「大学を良くするため」―。高知工科大の学長選任で28日、岡村甫学長続投の理事会決定を拒否した理事長の橋本大二郎知事。任命権を最大限に行使した知事の予想外の行動に、大学関係者は「まさか」「なんで」とぼうぜん。学内に走った激震はやがて、「常軌を逸している」「大学経営トップのすることか」と怒りへと変わった。<高知新聞>


1月に学内外の代表者でつくる学長候補者選考委員会が岡村学長の続投を決めたが、橋本知事は2月11日の理事会で、米沢名誉教授を推す考えを示したため混乱。結局、2人を候補者とし、投票結果を理事会決定とすることを申し合わせていた。そして2月28日に郵便投票が行われ、岡村学長が橋本知事が推す候補の2倍以上得票数で結果が出たにもかかわらず、理事長の権限でこれを拒否した。拒否する権限が理事長にあるのだろうか。橋本知事が推す候補者が当選すれば、この郵便投票を認め、そうでない場合には認めない。では何のための投票だったのか。あまりにも県民を馬鹿にした狂気の沙汰だ。橋本知事の末期症状が露骨に出だした証拠だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。