--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年08月31日 (水) | 編集 |
民主党が30日の衆院選の公示後に同党のホームページを更新し、岡田克也代表の第一声の内容などを掲載したことについて、総務省から「公職選挙法上、極めて問題が多いと考える。適切な対処をお願いしたい」と指摘を受けた。同党は指摘を受け、同日夕に更新した内容を削除した。
 公職選挙法はインターネットを利用した選挙運動を禁止している。<日経>


公示後のHPの更新は公職選挙法に違反する。こんな基本的なことが民主党は守れないのか。情けない。

【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


スポンサーサイト
2005年08月26日 (金) | 編集 |
郵貯半減 民主マニフェスト 「削減幅は4分の1」
2005年 8月26日 (金) 01:56


公社資料で判明

 民主党のマニフェスト(政権公約)のうち、現行で一千万円の郵便貯金の預入限度額を段階的に引き下げ、預入総額を半減させるとした目標は、実際には実現が難しいことが二十五日、日本郵政公社がまとめた資料で明らかになった。
 民主党のマニフェストは、肥大化した郵貯の規模を縮小させる改革案として、預入限度額を来年度中に七百万円、最終的に五百万円に引き下げることを提案。これにより、現在二百五兆円の預入総額を八年以内に半減させることを目指している。
 しかし、郵政公社の預け入れ状況に関する資料によると、預入総額のうち七百万円を超える部分の残高は計二十四兆円で全体の12%、五百万円超の残高も計五十兆三千七百億円で24・5%にすぎない。実際に限度額を引き下げれば、貯金流出が進む可能性もあるが、現状のデータをもとに判断すると、限度額を五百万円としても、削減幅は四分の一にとどまることになる。

 公社は今年七月、一人で複数の口座を持つ場合に一本化して集計する「名寄せ」を実施。今回の資料は、この結果をもとに作成したものだが、民主党案の目標と程遠い実態が判明したことで、マニフェスト作成の甘さを指摘する声も出そうだ。 <産経新聞>



民主党のマニフェストはマニフェストではなく、国民受けするためのスローガンでしかない。

【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


2005年08月23日 (火) | 編集 |
衆院解散のきっかけになった郵政事業改革について自民党、民主党などの公約が出そろい、それぞれの違いが一層、鮮明になった。資金の流れを官から民へ変えるという改革の主な狙いは同じだが、自民党は廃案になった民営化法案を再提出し、民主党は貯金預け入れ限度を引き下げるという。どちらの考え方にも一理あるものの、実効性や持続可能性には疑問符がつく。民営化の効果をどう評価するかがポイントだろう。

民主は人員削減数示せ

 民主党案は日本郵政公社を当面残し、いま1000万円の貯金預け入れ限度を来年度に700万円に下げ、その後、数年で500万円まで下げて、約220兆円の郵貯残高を8年以内に半減させる。簡易保険も何らかの方法で新規契約を減らす。郵便局から民間の銀行や保険会社などに資金が移り「官から民へ資金の流れの変換」が自民党の案より確実に実現するという主張である。

 ひとつの考え方だが、いくつか疑問も残る。資金量が大幅に減れば常勤職員は26万人も要らなくなるが、人員削減については明確に示していない。民主党本部は「定年退職に伴う減員を含め人員は当然、調整する」というが、人員削減を嫌う郵政公社の労働組合や連合が同党の支持層であるだけに、人員計画を具体的に示さないと説得力を欠く。

 経営形態は当面、公社とするが、今後、政府系金融機関との統合を含めあらゆる選択肢を検討する。選択肢には民営化も含むという。しかし仮に民営化を選ばず公社のまま残す場合には、電子メールの普及などで郵便事業が再び赤字に転落したときに郵貯・簡保の黒字で補うしかない。はなはだしい場合には税金で助ける事態にもなろう。

 また、国家公務員の身分を変えない限り、給与は地方では民間より高いなど賃金の硬直性が残り、人件費が経営を圧迫する可能性も大きい。さらに、郵政公社のままなら法人税の支払い義務がないなど、年間数千億円の「見えざる国民負担」が残る。経営形態や人員計画などの方針が明確でないため、中長期的にみたときの妥当性を判断しにくいのが民主党案の難点といえる。

 一方、自民党が再提出する民営化法案は郵便、貯金、保険の三事業を分割し、郵便局と職員の大半を抱える窓口会社と合わせ4社を設立。持ち株会社の傘下に入れる。郵貯、簡保への政府保証は廃止する。

 形の上では民営化だが、守旧派と妥協した結果、実質的には現在通り三事業一体の色彩が濃く、しかも政府の関与が強く残る案となった。

 例えば持ち株会社は政府が3分の一超を出資する公的な機関であり、しかも民営化移行完了の2017年3月末を過ぎても持ち株会社は金融2社の株式を持ち続けられる。これでは、資金運用先を含め金融事業に対する政府の関与がずっと残り、官から民へ資金の流れを変えるという趣旨が生かされない心配もある。

 郵便事業の収支が悪化して金融事業の利益で補てんする状態が続くようだと、金融2社も郵便会社も政府の関与がもたらす「暗黙の政府保証」を背景に様々な新事業に進出し、ほかの民間企業の経営を圧迫しかねないという問題もある。

 自民党案は基本に「雇用への配慮」がある。そして政府が経営に強く関与するので、収支を度外視しても雇用を維持するため新規事業に打って出る、となりがちだ。人員減の姿が見えない点は民主党案と同じともいえる。貯金・保険への政府保証の廃止や国家公務員の民間社員への身分の変更などは前進としても、民営化の理想の姿からはほど遠い。

公社のままのコスト大

 小泉政権は法案の否決を受けて衆院を解散した以上、本来なら白紙に戻してまともな案に作り替えるという考え方もありえたが、議員の反発がより大きいような案を提出するのは非現実的という判断だろう。この案で改革の実をあげるには、有識者による民営化委員会で3年ごとに民営化を見直し、大幅な再改革を進めていくことが欠かせない。

 このようにみれば両党案の実効性に極めて大きな差はないようにも思える。焦点はやはり民営にするかどうかだろう。上場を狙う民間会社となれば経営の規律と職員の緊張感が強まる。その結果、安易に国債を買わなくなるし、経営効率も高まる。だからこそ岡田克也民主党代表も貯金と保険の事業について、いずれ民営化を検討すると何度か述べている。郵政公社のままでいるコストは非常に大きい。

 現時点で曲がりなりにも民営化を打ち出しているのは自民党案である。郵政改革の緊急性を考えれば、この違いを重視せざるを得ない。
<日本経済新聞 8/21社説>

【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


2005年08月22日 (月) | 編集 |
 郵政民営化法案に反対した小林興起前衆院議員らが二十一日、田中康夫長野県知事を代表にすえて新党「日本」を結成したのは、自民党公認を得られないうえ対抗馬を擁立され、苦しい戦いを強いられている現状を打開しようとの狙いがある。しかし、小泉純一郎首相の人気が先行する中、田中氏の知名度でどれほど浮動票を獲得できるかは不透明。新党が国民新党との連携を重視するのかもはっきりせず、田中氏と民主党の小沢一郎副代表との親密な関係から「結果的に小沢氏の別動隊になるのでは」との見方すら出ている。

 新党に参加する小林、青山丘、滝実の三氏はともに、前回選挙で接戦を強いられ、青山、滝両氏は比例代表で「救済」されただけに、無所属での戦いは避けたかった。しかし、綿貫民輔元衆院議長らが結成した国民新党には「農村政党」の色彩や亀井静香氏のイメージが強く、参加を見送り、「サプライズ効果」のある「都市型新党」結成を模索。この動きに田中氏が賛同し、代表を買って出た形だ。国民新党の綿貫代表は、「いずれ連合体になる」とエールを送ったが、「反小泉」陣営の結束に疑問符がつく。

 田中氏は小沢氏と頻繁に連絡をとっており、二十一日の会見でも「小沢氏は私が大変尊敬する政治家だ。その思いは変わらない」と明言した。衆院選で与党が過半数割れした場合、新党が民主党との連携も視野に置いているとも受け取れる。他のメンバーの多くが自民党復帰に力点を置いているだけに「同床異夢」ともいえる。

 各党の反応も冷ややかだ。公明党の神崎武法代表は二十一日、記者団に「顔ぶれを眺めると共通の政策、理念が感じられずばらばらだ。選挙互助会にもならないのではないか」と批判。民主党の岡田克也代表も「国民新党と同じ。自民党の中での権力争いだ」と語った。<産経新聞>


【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


2005年08月19日 (金) | 編集 |
 第87回全国高校野球選手権第14日は19日、甲子園球場で準決勝を行い、第2試合で夏の大会連覇を目指す駒大苫小牧(南北海道)は大阪桐蔭(大阪)を延長戦の末、6- 5で下し、2年連続の決勝進出を決めた。
【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ

2005年08月19日 (金) | 編集 |
 小泉首相は19日午後、自民党本部でライブドアの堀江貴文社長と会談した。堀江氏は、次の総選挙では、無所属で広島6区から立候補する意向を表明。首相もこれを受け入れた。自民党は同区からは公認候補は出さず、堀江氏の推薦もしない。広島6区では国民新党の亀井静香・元自民党政調会長が立候補を予定している。

 会談後、堀江氏は記者会見し、「郵政民営化に賛成だし、小泉首相の志と全く同じ。初めての立候補なので、無所属で自分の志を試してみたいと決意した」と語った。広島6区を選んだことについては「郵政民営化に賛成の候補者がいない」と説明。また、「社長業は24時間やっているわけではないので問題ない。一切手抜きをするつもりはない」と述べた。<朝日新聞>
【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ



2005年08月19日 (金) | 編集 |
第四十四回衆院選の公示を三十日に控え、産経新聞社はFNN(フジニュースネットワーク)と合同で世論調査を実施した。52・5%が、郵政民営化関連法案の否決を受け衆院を解散した小泉純一郎首相の決断を支持。衆院選後の政界再編に期待を寄せる国民は八割以上にものぼった。55・5%が「自民党を中心とする政権」を、49・3%が小泉首相の続投を望んでいる。内閣支持率は49・9%だった。 記事全文 (産経新聞) - 8月19日2時40分更新

【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ


2005年08月11日 (木) | 編集 |
第87回全国高校野球選手権大会第5日は10日、甲子園球場で1、2回戦3試合が行われ、不祥事で出場辞退した明徳義塾の代わりに出場した高知(高知)が第3試合で日大三(西東京)と対戦。エース二神一人(3年)が2本塁打を浴びるなど2―6で敗れた。日大三は左腕・大越遼介投手(3年)が14奪三振で完投し打線も2発10安打で圧倒。第1試合は酒田南(山形)が姫路工(兵庫)に大勝。第2試合は沖縄尚学(沖縄)が松商学園(長野)を下した。11日は2回戦4試合が行われる。

 <高知・高知>拍手はやまない。スタンドからのスタンディングオべーション。18人の球児たちに温かい歓声が降り注ぐ。甲子園は熱くて、楽しく、少しだけほろ苦い舞台だった。

 「うちのベストゲームです。お世話になった方に恩返ししたいと思ってたけど、素晴らしい試合をしてくれました」

 島田監督の涙も止まらない。号泣だ。突如代表に決まり、急きょ甲子園へやって来て、そして東の横綱・日大三と互角に渡り合った。2回、エース二神がスクイズと3ランで4失点。でも、誰も下を向く者はいない。5回だ。敵失から富永、笹岡、二神の3連打などで2点。声援のボルテージも最高潮に達した。

 甲子園練習を終えた6日夜、島田監督のもとへ明徳義塾・馬淵監督から電話が入った。「今回はすまない。私たちの分まで頑張ってくれ」。謝罪と激励のメッセージ。だから精いっぱいのプレーで応えた。守りはノーエラー、打線も輝く2点。中谷主将は「高知県31校の代表として戦った。きょうが僕たちの最高のプレー」と胸を張る。

 「みんな勝ちたいと思ってたけど、自分の力が足らなかった」。二神はそう言った。1度はあきらめた舞台での試合。ベンチ入り唯一の2年生の百田は「帰って甲子園の良さと1球の大切さをみんなに伝えたい」と前を向いた。すでにスタートしていた新チームはあす12日に坂出商との練習試合に臨む。そして3年生はそれぞれの道へ。地元・高知で開催中のよさこい祭りを楽しむ者、帰省し直す者…そして東京六大学へ進学を希望する二神は、8月下旬にセレクションへ参加する。

 歓声が大きく反響する銀傘。ちょっぴりいたずらな浜風。何もかも最高だった。そんな“一瞬の夏”を終えて、高知は新たな歩みを始める。

 ≪手書きの大横断幕も≫アルプス席に陣取った高知応援団は、急な出場にもかかわらず名物よさこい祭りの踊りに鳴子を使った応援を披露した。野球部の1、2年生部員と一般生徒が練習できたのは前日の1日だけだそうで、縦1・2メートル、横20メートルの大横断幕は生徒会のメンバーが手書きで作ったもの。兵頭充会長(3年)は「5人で3日間かけて作った」と胸を張り、グラウンドへ声援を送り続けていた。<スポーツニッポン>



欲を言うとブランクが高知高の打撃面に影響を与えたのはいがめない。
にほんブログ村 ブログブログへ
2005年08月05日 (金) | 編集 |
第87回全国高校野球選手権大会の高知県代表、明徳義塾高が4日午前、今大会の出場辞退を日本高校野球連盟に申し出た。抽選が行われた3日午後、部員の暴力行為、喫煙などの不祥事が日本高野連などへの投書で発覚した。高野連は同日夜、馬淵監督らから事情聴取、事実関係を確認した。馬淵監督らは部内で解決を図ろうとし、この事実を学校、県高野連に報告していなかった。
 明徳は大会第5日の10日、2回戦で西東京代表の日大三高と対戦する予定だった。大会本部によると、出場決定後の辞退・代替出場は初めてらしい。
 明徳の代わりに決勝戦で延長12回、3-2で惜敗した高知高校に決まった。高知高はすでに新しいメンバーで練習しており、調整が心配である。試合が5日目ということがせめてもの救いである。
 高知高には明徳の球児達の分も頑張って欲しい。

にほんブログ村 ブログブログへ

【人気blogランキング】クリックよろしく!


2005年08月01日 (月) | 編集 |
サウスポート(英)=千葉直樹】女子ゴルフの今季メジャー最終戦、全英女子オープン最終日は31日、ロイヤル・バークデールGC(6463ヤード、パー72)で第4ラウンドが行われ、69で回った張晶(韓国)が通算16アンダーとし、初日から首位を明け渡さない完全優勝で、メジャー大会を含むツアー初勝利を飾った。
 67で回った宮里藍は、通算7アンダーの11位タイ。不動裕理もスコアを2つ伸ばして通算6アンダーの15位タイと健闘した。東尾理子は1オーバーの42位タイ。
 2位は首位から4打差のソフィー・グスタフソン(スウェーデン)、15歳のアマチュア、ミシェル・ウィー(米国)が10アンダーで3位タイに入った。今季のメジャー大会3勝目を狙ったアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は終盤に崩れて9アンダーの5位タイ。昨年優勝のカレン・スタップルズ(英)は11位タイだった。

[読売新聞]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。