--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年06月29日 (水) | 編集 |
県警の捜査費問題で、複数の県警OB、現職警察官が28日までに高知新聞社の取材に答え、「所轄の警察署で上司に命令され、虚偽領収書を作らされた」などと証言した。証言内容は生々しい上、捜査費文書開示訴訟の高知地裁判決で不正経理疑惑が認定された本部捜査一課だけでなく、裏金づくりが小規模署に至るまで横行していたことを強く示唆。「近隣署同士で白紙領収書を回して偽造し合った」「筆跡を変えるため左手で書いた」「捜査費の半分は署長に手渡していた」などと、少なくとも昭和50年代から県警組織全体に裏金づくりがまん延していた実態をうかがわせている。

 現職の一人は昭和50年代、ある署の警備課に勤務していたときの経験をこう語る。

 課長から捜査協力者用の領収書を白紙のまま20―30枚渡された。うその協力者名や住所、情報提供の謝礼額などを記入するよう指示され、協力者名など「記入例」も渡された。「課員で手分けして1人が1、2枚ずつ書いた。金額は5000円ぐらいだった」という。

 かつて捜査費を管理する立場にいた一人は「毎月十数万円の県費捜査費が本部から届くと、半額くらいをそのまま署長に手渡した」と明かす。

 「署長が何に使っていたか分からないが、渡した金額や、領収書に記入した金額をメモした裏帳簿をつけていた」とも。その裏帳簿は正規書類と帳尻を合わせた後、毎月処分していたという。

 複数の現職・OBは、県監査委員など外部監査の目をごまかすための手口も明らかにした。

 「一人で書いたことがばれないよう、万年筆やボールペンを使い分けた。わざと下手に書いたこともある」

 「上司に『字体を変えてくれよ』と指示され、左手で書いたりして工夫した」

 「別の課員にも記入を手伝ってもらった。規模の小さい署では人手が足りず、隣の署に持ち込んで書いてもらったこともある」

 平成10年以降に小規模署に勤務した経験がある現職の一人はこう話す。

 「県警本部へ出張した際、同僚に(領収書を)書いてもらった。この文書は訂正印がだめなので苦労した。妻に書かせた同僚もいる」

 刑事部門が長かったOBは、「別の署から持ち込まれた白紙領収書に虚偽記入するよう次長に言われ、部下に指示した」と証言。「若いころから偽造領収書を書いていた。犯罪と分かっていたが、組織のやり方に反抗すれば左遷される。なりたい刑事になれないと思うと、逆らえなかった」と、当時の胸の内を打ち明ける。

 不正経理は県警内で半ば公然化し、組織的慣行になっていた。多くの警察官がそれを悩み、苦しみながら意に添わぬ作業を続けていた。

 不正が飽和点に達したかのように、北海道警では元幹部のOBが不正を実名で告発し、道警全体の捜査費不正を是正へと向かわせた。

 しかし、組織内からの告発は簡単ではない。

 県内のある署に勤める現職警察官が言う。

 「愛媛県警は現職の実名告発があっても不正を認めていない。高知県警も同様で、私が実名で証言しても県警は隠すだけだ。養う家族もいるし、実名証言はできない」

 県警OBの一人は「会計文書などの物的証拠を持っていないので実名での証言は難しい」と前置きし、「捜査費の不正は是正してこなかった幹部の問題」と指摘。「北海道警のように本部のトップ級のOBが証言してほしい」と話している。

 これらの証言に対し、県警は「取材内容の詳細が分からない現段階ではコメントのしようがない」としている。
<6/29高知新聞>
【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ

スポンサーサイト
2005年06月24日 (金) | 編集 |
 ゴルフ・日本女子アマチュア選手権第3日目(23日・札幌GC由仁コース=6347ヤード、パー72)――32人のマッチプレーによる決勝トーナメント1、2回戦でベスト8が出揃った。
 昨年優勝の宮里美香(沖縄・興南高1年)、準優勝の諸見里しのぶ(おかやま山陽高卒)、予選首位通過の山本知佳(東北福祉大3年)らは順当に勝ち進んだ。

 予選3位の金田久美子(福岡・沖学園高1年)は1回戦で、2位の有村智恵(東北高3年)、先週の女子ツアーで6位と健闘した原江里菜(東北高3年)は2回戦で敗れた。24日は準々決勝、準決勝が行われる。<読売新聞>


にほんブログ村 ブログブログへ
人気blogランキング


2005年06月23日 (木) | 編集 |
日本女子プロゴルフ協会は23日、今季女子メジャー最終戦の全英女子オープン(7月28~31日、英ロイヤルバークデールGC)に、日本ツアーから宮里藍、不動裕理、米山みどり、服部道子、表純子の5人がエントリー手続きを完了したと発表した。 
(時事通信)
人気blogランキング

2005年06月18日 (土) | 編集 |
 貴乃花親方は連日のテレビ出演でかえって株をさげてしまった。
親方は兄花田勝氏は財産目当て、自分からは財産のことは言ったことはないといっているが、親方こそが一番財産を欲しがっている。
 貴乃花親方は自分が部屋を継承したから、相撲界を離れた者が相撲に関することに手を出してこないで欲しいと再三云っているが、部屋を継承することと父花田満氏の遺産の相続分与とは別の話。
 このことに関しては貴乃花親方も重々分かっているから、テレビに出演し、世間を見方につけようという魂胆だろうが、親方がテレビで発言すればするほど裏目に出ている。親方の顔は焦燥感に漂っている。
 テレビでの発言を聞いていると貴乃花親方は自分を正当化することばかりで、他人の意見に耳を傾ける姿勢が全然見えない。
 一番心配なのは今後の貴乃花部屋。現在弟子は13人、関取(十両以上の力士)は一人もいない。
今後弟子を募るにしても親御さんが息子を貴乃花部屋に預けるか、非常に疑問である。私なら貴乃花親方に息子を預ける気にはなれない。
【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ

2005年06月13日 (月) | 編集 |
 北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(46)と夫チャールズ・ジェンキンスさん(65)は13日朝、米国ノースカロライナ州で暮らすジェンキンスさんの母親らと再会するため、新潟県佐渡市の自宅を出発した。

 曽我さん夫妻は午前9時ごろ、佐渡市の両津港に到着。曽我さんは「おはようございます」と報道陣に笑顔で声をかけ、ジェンキンスさんと新潟行きの高速船に乗り込んだ。母親や妹らと約40年ぶりの再会となるジェンキンスさんも和やかな表情で、船窓から見送りの佐渡市帰国家族支援室の職員らに手を振っていた。

 夫妻は、新潟市で長女美花さん(22)、二女ブリンダさん(19)と合流し、14日に成田空港を出発する。<読売新聞>

にほんブログ村 ブログブログへ
【人気blogランキング】クリックよろしく!
2005年06月09日 (木) | 編集 |
【バンコク=榊輝朗】サッカー二〇〇六年ドイツW杯アジア最終予選B組の日本は八日、バンコクのスパチャラサイ国立競技場で無観客試合の中、北朝鮮と対戦、2-0で快勝し、三大会連続三度目のW杯出場を決めた。日本は4勝1敗で勝ち点を12に伸ばしB組2位以内が確定、一九九八年フランス大会、〇二年日韓大会に続くW杯切符を手にした。出場三十二チーム中、開催国ドイツを除き世界各地での予選突破第一号となった。
 同日夜、行われた同組イラン-バーレーンは1-0でイランが勝ち、勝ち点を13に伸ばし出場を決めた。バーレーンは勝ち点4で3位が確定、勝ち点0の北朝鮮は最下位。
 引き分けでもドイツ行きが決まる日本は中田英寿(フィオレンティナ)ら主力三人が出場停止だったが、優勢に展開。後半28分に柳沢敦(メッシーナ)が先制、終了間際には大黒将志(G大阪)が追加点を決めた。
 この一戦は平壌開催だったが、三月の北朝鮮-イラン戦(平壌)で観客が暴徒化、国際サッカー連盟(FIFA)が北朝鮮に「第三国での無観客試合」の処分を科した。主審の笛や選手らの声が響き渡るだけの異様な雰囲気の中、行われた。
     ◇
 ■「みんなで戦った集大成」
 「ニッポン・コール」もサポーターの絶叫もない無人のスタジアムに選手と監督、コーチらの歓喜の声だけが響いた。
 日本代表が初めて経験する無観客試合は、日本の三大会連続W杯出場を世界で最初に宣言するという歴史的な一戦として記憶されるだろう。
 初出場を果たした一九九八年フランス大会では三十二チーム中三十一番目の切符獲得だった。
 「この日がくるのを、疑っていなかった。みんなで戦ったことの集大成だ。負けたときは、いろいろ言われたが、落ち着いて戦ってきたことの結果だ」。ジーコ監督は汗をぬぐいもせず語った。
                 ◆◇◆
 二〇〇二年六月十八日。日韓大会決勝トーナメント一回戦で、日本がトルコに0-1で敗れ去った日が、ジーコジャパンの出発点といっていい。組織戦術をたたき込んで日本の力を引き上げた当時のトルシエ監督だったが、守りを固めたトルコに、カウンター主体の日本の戦いは完封された。
 露呈したのは、判断力や決断力を含めた局面を打開する個人の力の低さだった。就任したジーコ監督はガチガチの組織サッカーから選手を解放、個の力を前面に出すサッカーを掲げた。キーワードは「自由」。
 しかし選手を尊重するあまり、「戦術が見えない」「放任」といった批判や疑問の声が上がった。昨年夏のアジア杯優勝で幾分、収まったが、今回のW杯最終予選を控えた強化試合で連敗すると、再び風当たりは強まった。それでも指揮官は選手を型にはめず、戦術の強要もしなかった。
 例えば大一番となったバーレーン戦直前の中東合宿で、ジーコ監督は珍しく速攻対策を施しDFと中盤の選手にスペースを空けずカバーするよう指示した。ただ具体的な動き方は示さない。選手はピッチや食堂、宿舎の部屋で議論を重ねた。
 問題点は指摘し方向性や答えは提示するが、解き方は選手に委ねる。余計な肥料は与えず、本来の生命力で芽を出し花開くのをじっと待つ我慢強い方針は、いかにも時間がかかる。それでも指揮官は「プレーするのは選手だ。彼らが各局面で、自ら考え最善のプレーを選択するようにならないと、日本のサッカーは伸びない」と言い続けた。
                 ◆◇◆
 果たして個の力は伸びたのか。
 W杯予選やアジア杯で何度か演じた逆転劇やロスタイムの決勝点をジーコ監督は「偶然ではない」と断じてきた。一つ間違えれば敗れる苦闘の連続といえなくもないが、今回のバーレーン戦、北朝鮮戦で「強い気持ちを持て」と説いたジーコ監督は、2点をもぎとって勝った選手たちを「気持ちが入っていた。平常心を失わず、ガッツが出せる」とたたえた。
 連敗したり快勝したりと、まだ足元は危なっかしいが、勝負強くなったのは間違いない。
 世界一早く出場を決めたチームには世界一長い準備期間が与えられる。本大会開幕戦は来年の六月九日、ちょうど一年。これからの土俵は世界になる。今月はW杯開催国ドイツで各大陸王者が争うコンフェデレーションズ杯も開かれ、日本は王国ブラジルにも挑む。
 「世界の強豪と戦っても気後れしないチームにする」。ドイツでの目標は「ベスト8以上」。本大会切符の獲得は新しい戦いの始まりでもある。(榊輝朗)
(産経新聞)


柳沢敦の右足と大黒将志の左足に乾杯!
にほんブログ村 ブログブログへ
人気blogランキング

クリックしていただけると嬉しいです。
2005年06月08日 (水) | 編集 |
昨年8月にプロ野球・巨人オーナーを辞任した読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長(79)が、7日開かれた読売巨人軍の決算取締役会で球団の代表取締役会長への就任が内定、わずか10カ月で球団トップに返り咲くことになった。23日の株主総会などで正式決定する。
 渡辺氏は球団広報を通じてコメントを発表し、「巨人軍は歴史的な危機を迎えている。グループ各社の強力な支援態勢を確立するため巨人軍の経営に復帰、参画することにした」と球界への復帰理由を説明。オーナー辞任以降、同グループ本社会長ながら、球団取締役会に出席できない状況にあり、「この不正常な関係を解消する必要もあった」と付け加えている。
 「球団現場の最高指揮権、プロ野球機構に対する代表権は、これまで通り滝鼻(卓雄)オーナーにある」としたうえで、「旧知の各球団首脳の方々とも、球界改革について親しく話し合いたい」と表明、球界改革に意欲を示した。
 渡辺氏は96年12月にオーナー就任。球界再編問題で揺れるさなかの昨年8月13日、巨人スカウトがドラフトで獲得を目指していた明大(当時)の一場靖弘投手(22)=現楽天=に交通費など約200万円を渡す不正があったとし、オーナーを引責辞任した。【田中義郎】


 渡辺恒雄氏が会長になって返ってくる。よく分かりませんね。
今の巨人の危機的状況を創った張本人が復帰して何をしようというのでしょう。球界改革に意欲を示しているようですが、混ぜ返すことだけは辞めて欲しい。それにしても元気なお爺だね。
にほんブログ村 ブログブログへ
【人気blogランキング】クリックよろしく!
2005年06月06日 (月) | 編集 |
女子プロゴルフのリゾートトラストレディース(福島・グランディ那須白河GC=6447ヤード、パー72)は最終日の5日、プロ9年目、28歳の川崎充津子が8アンダーで逃げ切り優勝、賞金1080万円を獲得した。昨年のベルーナレディースに次いでツアー2勝目。

 首位発進の川崎は15番のOBで一時並ばれたが、2位以下がスコアを崩した。2打差で福嶋晃子が2位。横峯さくらは不動裕理らとともに5アンダーで3位。不動は生涯獲得賞金を7億4133万0509円としト阿玉(台湾)を抜き首位になった。宮里藍は3アンダーで8位タイ。


 ◇ギャラリーに後押しされつかんだ2勝目


 川崎は15番で風の計算を誤って左OB。じりじりスコアを伸ばし、ただ1人追って来た横峯に並ばれた。


 「辛抱しよう」も気もそぞろだったが、うれしい誤算がパー3の17番で待っていた。左に打ち込んだ1組前の横峯の寄せは高低差2.5メートルある下のグリーン。最初のパットは2段グリーンの途中から戻って逆に距離が広がった。5打目もオーバー。結局トリプルボギー。川崎のミスは帳消しになり差まで広がった。


 川崎が待つ17番のティーグラウンドからは横峯の苦戦がよく見えた。どんな顔をしていいものか困ったが、17番のグリーンではもう優勝スピーチを考えていた。初優勝した昨年、「人前に出るのは恥ずかしい」とあいさつに悩んだからだ。


 「大好きなゴルフが出来てしかも優勝。最高に幸せです」というつもりだったが、用意した言葉はいえなかった。あまりにギャラリーが多かったからだ。


 「いいショット、いいパターには本当に歓声が多い」と川崎は昨年と違う環境を喜び「(女子ツアーが)波に乗っている状態。これからも乗っていきたい」。最終日は9837人。3日間で約2万人が集まった。川崎の2勝目はブームも後押した。【武藤久】


 ○…生涯獲得賞金で首位になった不動。プロ入りわずか10年目での快挙だが「以前とは賞金額も違う。大体プロになれたのもびっくり。優勝なんて想像も出来なかったし、ましてや…」と面映げ。7億円を超す稼ぎで「ホテルでも気兼ねなくいいところに泊まれるのは幸せだと思う。いろいろな人に支えられてきた。それが一番です」。名実とも賞金女王になったが謙虚なところは変わらない。


 ◇生涯獲得賞金(5日現在)


 (1)不動 裕理 7億4133万 509円


 (2)ト 阿 玉 7億3856万4934円


 (3)具 玉 姫 6億8827万 304円


 (4)吉川なよ子 6億8300万2344円


 (5)塩谷 育代 6億3933万1611円


 (6)肥後かおり 6億2429万1316円


 (7)森口 祐子 6億 256万4918円


 (8)服部 道子 5億8981万9545円


 (9)岡本 綾子 5億7072万3745円


(10)福嶋 晃子 5億4850万3099円
<毎日新聞>
【人気blogランキング】クリックよろしく!
にほんブログ村 ブログブログへ
2005年06月06日 (月) | 編集 |
リゾートトラストレディス、2日までキャディーは本仮屋沙織さんだったが最終日は父良朗さんに代わっての優勝ねらいだったが、3打及ばず3位におわった。
 本仮屋沙織キャディーが「明日もキャディーやらせてください」と懇願したが、「お前じゃ絶対無理だって」と却下した。
 横峯も「理想は沙織さんとやって優勝」と言う。「今日もスタート前にコースを歩いてたし、ラインも読める。クラブも自信持って渡してくれるようになった」と相棒の成長を感じている。
 それに対して父良朗さんは「おれは明日のピン位置も分かる。グリーンに印がついてたからね。絶対勝つ」と堂々と勝利宣言してみせた。
 ところがこの結果、3日間で一番悪い74のスコア。良朗さんはこの結果をどう弁解するだろう。良朗さんがキャディーを勤めたさくらの姉留衣は予選落ち。良朗さんは自分を少し買被りすぎているんじゃないか。もうそろそろ子離れしてもいいのでは……
 ゴルフはキャディーではなく本人がやっているんですから
にほんブログ村 ブログブログへ
人気blogランキング

 
 
2005年06月04日 (土) | 編集 |
 サッカー・2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会アジア最終予選B組、バーレーン―日本が3日夜(日本時間4日未明)、バーレーン国立競技場で行われ、日本がバーレーンを1―0で下した。
 日本は34分、小笠原が右足で狙いすましたミドルシュートを決め、この1点を守り切った。日本は勝ち点を9と伸ばし、残り2試合のうち1引き分けでも予選突破が決まる。バーレーンの勝ち点は4のまま。B組首位は同10のイラン。

 【85分―試合終了】88分、中田英がペナルティーエリアで倒されるが、ノーファウル。小笠原に代わって稲本、柳沢に代わって玉田が投入された。

 【75分―85分】日本は中村に代え、中田浩がピッチへ。79分、GKと一対一になった柳沢がGKをかわすもシュートは打てず、球を受けた小笠原のシュートもDFにブロックされる。84分には相手FKがゴール前にこぼれたが、中沢がクリアして難を逃れる。

 【65分―75分】日本は中村、中田英が警告を受け、ともに累積警告で次戦は出場停止となった。71分、中田英のミドルはGK正面。

 【55分―65分】日本は65分、中村がフェイントで相手マークを外して強烈なシュートを放つが、これはサイドネット。

 【後半開始―55分】日本は前半より中盤でのパスがつながるようになるが、ラストパスの精度が低く追加点は奪えない。

 【40分―前半終了】45分にはバーレーンがロングシュートを狙うが、川口能の指先に当たった後、ゴールポストに当たり、ゴールならず。

 【30分―40分】日本は34分、中田英―中村とつなぎ、小笠原がミドルシュートをゴール左へ決め、先制点を奪った。38分には小笠原がドリブルから左足でミドルを狙うが、これは右へ外れる。39分には柳沢がミドルシュートを打つも、DFに当たってCKに。

 【20分―30分】日本は25分、三都主が縦突破、ペナルティーエリア内で倒れるも、シミュレーションとして警告を受けた。三都主は累積警告で次戦の出場停止が決まった。日本は30分、中田英がミドルシュートを狙ったが、右へ外れた。

 【10分―20分】バーレーンは11分、M・フバイルがミドルシュートを放つが、ミートしない。18分にはFKからモハメドが直接シュートを狙ったが、川口能がキャッチ。日本は1トップの柳沢がボールをキープできず、効果的な攻撃が仕掛けられない。

 【キックオフ―10分】バーレーンボールでキックオフ。日本は3分、中田英のロングパスを受けた三都主が深い位置からクロスを送るが、味方には合わず。7分には中村が左からクロスを入れるも、DFにカットされる。両チームともシュートが打てない。<読売新聞>


それにしても審判が日本に厳しかった感がする。

【人気blogランキング】クリックよろしく!

にほんブログ村 ブログブログへ
2005年06月02日 (木) | 編集 |
母、叱る! 5月30日に口腔(こうくう)底がんのため、亡くなった二子山親方(元大関貴ノ花、享年55)の通夜が1日、東京・港区の青山葬儀所でしめやかに営まれ、二子山親方の元妻・藤田憲子さん(57)=タレント=も参列し涙の別れを告げた。前日の会見で、二男・貴乃花親方(32)=元横綱貴乃花=が、長男・花田勝氏(34)=元横綱3代目若乃花=との冷え切った関係を表面化させたことに、母親として一喝した。
〔写真:花田家と決別した憲子さんだが、母として2人の息子は気にかかる…。貴乃花親方に苦言を呈した〕

 かつての夫と永遠の別れ。いまでは花田家とは決別した立場だが、二子山ファミリーの隆盛を築いたおかみさんでもあった。薄いグレーの着物に黒い帯。焼香を済ませた憲子さんから、大粒の涙がこぼれ落ちた。

 「31年間ありがとうございました。花田家のおかげで、親方と最後のお別れを十分することができました…」

 前日夜、東京・中野区の貴乃花部屋を訪れた憲子さんは、31年間連れ添い、平成13年に離婚した亡き前夫の安らかに眠る顔を目に焼きつけた。通夜に列席させてくれた長男・花田氏の心遣いも身にしみた。ともに笑って暮らしたあのとき…。もう、母心のうずきを抑え切れなかった。

 貴乃花親方に痛烈な苦言が飛び出した。「自分を貫くことは光司らしいけど、要領の悪さを感じる。王道を突き進んでいて、周りが見えなくなっている。社会勉強が足りていない。自分を磨いてほしい。兄弟が以前のように心を通わせるようになってもらいたい」。無礼は承知のうえ。親心の“愛のムチ”を飛ばしたのだ。

 二子山親方が引退後、独立した藤島部屋時代から支え続け、2人の息子を横綱まで育て上げた。悲しみにくれている憲子さんはいま、花田氏と弟の貴乃花親方の不和が深刻化していることに心を砕いている。

 前日の会見の席上。貴乃花親方が喪主を務める兄を「長男の花田勝氏がどうしてもやらせてほしいというので…」と他人行儀の敬称をつけて呼んだ。さらに、「部屋の総意ではわたしだった」「わたしがやるのが当然の流れだった」と父の死を悼むはずの会見で、兄弟の軋轢をはからずも披れきしてしまった。

 憲子さんは、二子山親方が都内の病院に入院中、「迷惑がかかるから」と見舞いを遠慮していたが、花田氏からそのつど連絡を受け、容体を常に気にかけていた。

 前妻といってもいまでは花田家との縁はない。焼香の席順も親族から離れ、その順番も遅かった。花田氏が喪主を務めたことには、「花田家が決めたことだからよろしいんじゃないでしょうか」と家を出た立場をわきまえた。だが、親は親。母は母だ。

 「息子2人が横綱になったときは、『世界一の親』といわれたけど、世界一の苦しみを味わいました」

 離婚、ギクシャクした兄弟の関係。貴乃花親方はこの日、口を開くことなく斎場をあとにした。家族はバラバラになってしまったが、血は水よりも…。一昨年に撮影された二子山親方の遺影は笑っていた。前夫も気持ちは同じ。憲子さんは2人の息子の復縁を祈って、手を合わせた。
<サンケイスポーツ>


貴乃花親方が親方になってから、人相が非常に貧相になったのが気がかり。景子夫人の存在も気になる。
人気blogランキング

にほんブログ村 ブログブログへ
2005年06月01日 (水) | 編集 |
 政府が地球温暖化防止、省エネ対策として提唱している「夏のビジネス軽装(クール・ビズ)」が1日から始まった。小泉純一郎首相や閣僚は率先して上着なしのノーネクタイ姿で執務。中央省庁や国会だけでなく、消費効果も狙って全国的な普及を目指す。

首相はクール・ビズ導入前日の5月31日夜、「堅苦しく考えないで気楽に仕事ができるようノーネクタイにしよう」と記者団に語り、軽装を呼び掛けた。

軽装は4月の閣僚懇談会で6月1日から9月末まで、外国からの賓客を招く公式行事などを除き、徹底を図ることを申し合わせた。各省庁などで冷房温度を28度に設定、温室効果ガスの排出抑制にも役立てる。これを受け国会も5月31日、本会議以外は軽装を認めることを決めた。
<共同通信>
にほんブログ村 ブログブログへ


「常識とセンスで」、夏の軽装で戸惑う閣僚に首相

「軽装は義務か?」

 6月1日から中央省庁で始まる「ノーネクタイ」などの夏の軽装化(愛称・クールビズ)を目前にして、31日の閣僚懇談会では閣僚から戸惑う質問が飛び出した。

 出席者によれば、小泉首相の「裁定」は「義務ではない」。そのうえで首相は「だが、大臣が(ネクタイを)締めていると、部下が外せない。よく理解してほしい」と語り、「常識とセンスに任せる」と訴えた。

 ただ、その後の記者会見で閣僚の足並みはそろわず。「そのときの天気、気分による」(中川経産相)、「早くネクタイをとりたい」(中山文科相)、「仕事中はノーネクタイで半袖。国会は普通の格好で」(村上行革相)とバラバラ。

 首相は31日、記者団に「本人の自由ですから。強制じゃないですよ」と強調。自らの服装については「まだ決まっていない。帰ってから考える」
<朝日新聞>
【人気blogランキング】クリックよろしく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。